ナンパ成功率1%が高いか低いかは、実は問題ではない。

皆さんはじめまして。私は普段はIT系企業で働く、ビジネスマンです。

ナンパを始めて約3年になります。

ナンパを始めた理由というのは…

学生時代までは自然と出会いってありましたが、社会人となると、なかなか自然な出会いというのは少ないですよね?
日々の仕事に追われるだけの生活って、刺激も少なく退屈でした。

そこで新たな出会いと刺激を求めて、自分の忍耐力とストレス耐性を活かして、ナンパをするようになりました。

突然ですが、ナンパって容姿に自信がある人や、トーク力に自信があるしか出来ないとか思っていませんか?

私は容姿もトーク力も並ですが、忍耐力やストレス耐性だけは人並み以上だという自身はあります。

勿論、超イケメンだったりすれば、ナンパでの成功率も簡単なのかもしれませんが、実はナンパをしてる人ってそんな人ばかりじゃありません。

自分がこれまでナンパをしてきたデータを取ってみたところ、街でナンパ(ストリートナンパ/ストナン)して遊べた(出会えた)女の子って、何%だと思いますか?

…約1%です。

この約1%という数字にどういった印象を持ちましたか?

100人に1人と考えると、少ないと思うかもしれません。

しかし1000人に声かければ10人と遊べます。

もし、10000人に声かければ100人と遊べちゃうわけです。

こう考えると1%って少ないようで多いのかもしれません。

このブログでは、「成功率1%の僕のナンパ体験記」というタイトルの通り、
数打って成功した体験談の中で、今流行のネットナンパを中心に紹介していきます。

ナンパや出会い系サイトに興味に有る人の参考になれば幸いです。